Web制作に活用したい大手CMS3選+特徴まとめ

2016.11.26

Web制作に使える!大手CMS3選+特徴まとめ

企業サイトやECサイト、オウンドメディアなどのWeb制作ではCMSの利用が一般的になってきています。本記事では、大手のCMSを3つ取り上げてその特徴についてご紹介します。

大手のCMS3選とその特徴

WordPress

WordPress

» 日本語 — WordPress

CMSとして世界中で最も使われているのがWordPress(ワードプレス)です。WordPressは非常に使いやすいCMSで、ツールやシステムに慣れていないビギナーの方にも向いています。なおWordPressはオープンソースのCMSなので、無料で利用することが可能です。

WordPressが人気の理由としてテーマ機能とプラグイン機能があります。テンプレートを利用することで、誰でも簡単にプロ並みのデザインが使えるのがテーマ機能です。一方で、プラグインとは自分のページに機能が追加できる機能のこと。デザインや機能を思い通りにカスタマイズできるのです。

Movable Type

Movable Type

» CMS プラットフォーム Movable Type – クラウドもオンプレミスも幅広く対応可能なCMS – Six Apart

Movable Type(ムーバブルタイプ)もCMSでは大手の部類に入るCMSです。商用利用の場合はライセンスの購入が必要ですが、個人での利用では無償で使うことができます。

Movable Typeの特徴として、再構築という処理を行うことで静的なページを生成します。そのため、Webページの表示に優れているというメリットがあります。またWordPressほどではありませんが、プラグインの数も豊富に揃っています。サポートが受けられる(有償ライセンス)ことも、Movable Typeを採用するメリットと言えるでしょう。

Wix

Wix

» ホームページ作成 | 無料ホームページの作り方 | WIX

上の2つはパソコンにインストールして使うタイプのCMSでしたが、こちらはインストール不要のクラウド型CMSです。テンプレートの数が500種類以上(公式サイトより)もあるので、好みのデザインを見つけることができるでしょう。

Web制作の知識がなくてもホームページを作ることができますが、無料アカウントでは広告が表示されます。商用利用を考えている場合は、Combo以上の有料プランを検討してください。

新着情報

TOP